2019年2月11日 (月)

品川駅で電機とか(’89.5)

3連休、催事も多かったようですが真冬日続きだったので、家に籠もって劣化して来たネガフィルムを複合機でスキャン。以前マクロレンズを使ってデータ化しようと試みるも、色の反転が今ひとつでしたので、解像度はイマイチながらも手軽に出来そうな手法と言うことで何枚か読み込みしてみました。
その中から、本日は品川駅での展示イベントのものなど。

11

1989.5.3 品川駅
初めてじっくり見たEF5861感動ものでした。機関車の前に人が入らないように結構粘って撮ったはず。隣のホームにいたのは、お座敷12系の「江戸」ですね。

67

後ろにチラッと映っていたEF641001。ふれあい放題だったので、ギャラリーの人も写り放題でした。茶色になってまだ日が浅かったと思いますが、高崎局には旧客の他にも、茶色のお座敷12系があったので茶色い機関車の必然性はあった様で、あまり違和感の覚えがありません。

66

 
他にEF551も同ホームに展示されていました。運転台の公開をしていたみたいでホーム上にはお客さんの列が出来ています。こうなるとキレイに写し取ることは無理のようで、この角度ではこのカットしか撮っていませんでした。

103

いちばん田町寄りに展示されていたと思われるEF8193。此方の画像は色の補正をしなかったもの、黄色く劣化してるな〜と思って、フィルムをよく見てみるとKODAK GOLD100というネガを使用していました。 昔はよくコダックは黄色みが強いと言われていたことを思い出しました。(富士と比べて)その傾向なのかも知れませんが、さすがにちょっと変なので、他のコマはオートの色補正を入れてあります。

106

同日、関連のイベントとして、品川〜新宿の間でクモハ40の運転がありました。
山手貨物線を走るということで五反田駅ホームで撮影をしていました、なぜ五反田駅だったのかは、今となっては思い出せませんが撮りやすそうだと感じたんでしょう。

105

現在は、りんかい線や湘南新宿ラインが走っている区間。後ろの池上線のホームなども今となってみればよい記録かなと思います。
当時の撮影機材はニコマートFT−Nに50mmf1.8かタムロンの28mmを付けていたかと。連写できなかったので36枚撮り1本のフィルムからチョイスしたものです、今の撮影に比べて採れ高の高い(無駄コマが少ないだけ・・・ベストショットも逃してるけど)ことに驚きを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

とうとう廃止

一昨日のニュースで、太平洋石炭輸送販売臨港線が3月をもって廃止される見通しとの事でした。
SL冬の湿原号の撮影に行った際のもう一つの楽しみとして、春採の駅へ行ってみたりしたことがとても懐かしく思い出されます。
当時も会社が釧路コールマインに変わるなどして、先行きが案じられていましたが、それから10年以上も頑張り続けてきたわけで、輸送量の減少の他にも、維持費や老朽化の問題などがあったのではと想像されます。
電気式のディーゼル機関車や連接台車を持つセキ車など、興味深い車輌がいたこともこの鉄道の魅力でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

まったり会2019

今年のまったり会は13,14日に敢行。今回は北東北を離れ仙台は作並を目指しました。
まったりしていない「こまち10号」でいきなり仙台入り。

Img_6507

Img_6510

乗り換えのコンコースで思わず足を止めて撮影。
折角仙台まで来たので、メンバーと合流する前に仙石東北ラインに乗車してみることに。
仙石線の直流電車も嫌いではないのですが、2015年に開通した東北線から仙石線へ乗り入れる連絡線とHB-E210系に乗車してみたかったので、仙台駅の地上ホームでしばし石巻行きの列車が入線するのを待ちました。

P1130046

列車待ちの間に仙台駅を発着する電車を撮影。レアな701系100番台仙台色と遭遇。

P1130063

駅撮りと言えど、高架下の暗い条件ではあまりイイ画は撮れませんでした。

P1130003

P1130015

普段着の在来線仙台駅は、ほぼ普通電車オンリーで楽しさに欠けているように感じました。そんなことをして待ち時間をつぶし、仙石東北ラインに乗車。

P1130079
特段撮影もせず、車窓を眺めながら、小一時間で石巻へ到着。HB-E210に乗っての感想は、東北本線での走りは電車並みの軽快さでした、モーターの唸りが聞こえたり、同じハイブリッド車のリゾートしらかみの印象とはまた違ったものでした。

P1130081

石巻でちょっと町ブラをした後、集合場所の仙石線松島海岸駅を目指しました。

P1130089

乗車した仙石線の電車はマンガッタンライナー。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

SLの(古い)動画を再編集

126

冬の間はなかなかSL撮影など出来ませんが、2000年代の初頭にはSL冬の湿原号の撮影に行っていたことを思いだし、復調傾向のiMovieに残っていたクリップを再度繫いだりしてみました。川湯までの重連運転は今や伝説級の迫力ですが、当時の機材ではこの程度の画質が限界のようです。同時に入っているカメラのシャッター音も懐かくも、盛大な音を立てていて、時代を感じます。

もう一つ、2008年のデラックスなSLやまぐち号画像を。
この頃になるとムービーもハイビジョン仕様でSDメモリーへ記録するタイプになっており、ずいぶん画質も良くなっています。スチルの撮影機材に関してはまだデジタル移行中という頃で、シャッター音も混在。EOS−1Vと30Dを併用していましたが、まだフィルムカメラの方に信頼を置いていました。 EOS30Dについては、2011年までは使っていましたがファインダーの視野やコマ速、書き込み速度や画像処理エンジンについて、まだストレスを感じる部分が多かったと記憶しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

撮り始めもED75 767

2019年。今年もよろしくお願い致します。
昨日になりますが、年末から運転されている、朝のED75単機を撮影してきました。
元日でしたので、もちろんこれが今年の撮り始め。

P1011990m

2019.1.1 羽越線 道川駅 OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO
近場で前も後ろも撮影しようとすると、ここかな?という感じのポイント選びで、12月30日は貨物列車が入線していたため撮影を断念していたので、再挑戦してみました。

P1011999m

この日は、機関車への着雪もほとんど無く、軽やかに駆け抜けてい行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月30日 (日)

今年の撮り納めは

一昨日、秋田駅に留置しているED75767が、29日朝にに羽越線下りで運転されそうということで、荒天の中、近所でちょこっと撮影してきました。

Pc291895

2018.12.29 羽越線 二古(信)〜岩城みなと OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
前日から羽越線のダイヤは強風の影響などにより乱れており、所定より30分くらい遅れていたようです。二古信号所を出たところで撮影しましたが、徐行運転していたので道川駅の手前でもう一度撮影することが出来ました。

Img_0026

2018.12.29 羽越線 岩城みなと〜道川 OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
道路の状況もあまり良くなさそうだったので深追いせずにここで撮影を終えました。
改まって、本日30日も運転があるのかな?と思い撮影に出かけてみました。
今朝は羽越線の他の列車に多少の遅れがあったようですが、お目当てのED75単機は定刻の運転だったようです。

Img_6491

2018.12.30 羽越線 岩城みなと〜道川 OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
お手軽に今日は道川駅の通過を撮影しようかなと思っていましたが、対向の遅れ貨物列車が入線していたため、前日と同じポイントからの撮影。
面白い画は撮れませんでしたが、年の暮れに好きな機関車の走りを収められて、良い年の瀬になったかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

思わずポチッと

Img_64811

営団6000系グッズを探していたら、鉄コレが出ていることを知ってしまい、ほぼ即買いしてしまいました。
ハイフン車は何度も見たことはあっても、実際に乗ったことは無いのですが、3両フル編成というお手軽さもあって思わず・・・

Img_6475

左からKATO、マイクロ、鉄コレ

各社の製品を並べてみました。

各社とも、微妙に異なる形態でモデル化していますが、どれもイイ感じ。どこのメーカーも特徴的な前面には力が入っているようで、鉄コレに至っては傾斜角の違いがはっきり出ているようです。KATOとマイクロの屋根のRの違いも正しい解釈のように見えます。

折しも、今月発売の「鉄道ファン2月号」の特集記事で取り上げられているので、併せて楽しみたいところです。

個人的には4次車以降の営団仕様で冷改後のモデルが欲しいところですが、一緒に走らせると時代考証がおかしくなってしまうのが悩みどころ。

Img_6478

KATOとマイクロは登場時をモデル化、それでも10年くらいの差があるのでは?鉄コレは晩年の仕様で更に30年近く差があるみたい。

 

 Img_8289

こちらの実車を(最後に)撮影したのは2011年6月28日でした。(金町駅にて)この時、既に前面を非対称に改めたマイナーチェンジした16000系が走り始めていたので、6000系も数を減らしてきていたと思う。同線のJR203系に至っては同年の11月に引退しているので、6000系もあと数年で引退するのでは?と、予想していたと思う。

撮り鉄がざわつき始める前に撮っておこう、という思考だったらしいが、よい方に予想が外れて、その後7年も走っていたわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

小坂鉄道のマルタイ

冬は撮影に行く機会も少ないので、古い写真(プリント)をスキャンしてみました。

地味ですが、貴重な(多分)記録かと。

現在も小坂レールパーク内に朽ちた姿を留めているマルタイの稼働時の姿です。

Photo

芝浦製作所MTT15Mという型式らしい(トワイライトゾーンMANUAL5より)

2

大館駅の移転に伴う線路の付け替え作業の際に撮影したもの。

まだ道路も完成していなかったので、遮断機も下りたままの踏切をのんびりと御成町踏切方向へ移動していたと思います。

3

作業現場へ到着。後ろは御成町踏切、このあたりは線路の移設はなかったはずですが新しいバラストとレールが引かれています。

そして、線路の切り替えと同時に撤去される予定だった、大館駅構内の腕木信号の鉄塔?も写り込んでいます。

1

突き固めの様子。リモコンだけで、突き固め作業の他、マルタイの移動も出来ていたと記憶しています。

小坂駅から大館駅まで20数キロもトコトコと走っている姿を撮影したかったな〜と、20年も経ってから改めて思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

今日はDD14の動画(北上線2003年)

20181218235819

movieより切り出し画像

今日は2003年の北上線特雪の動画を再編集してUPしてみました。
この時は確か、横手から県境までの除雪で、ほっとゆだで折り返していたと記憶しています。
予め定期の列車の運休が予告されていたせいもあってかギャラリーが多めでしたが、雪は少なく少々迫力に欠けていたかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

秋田のDD51冬の動画

iMovieがクラッシュしなくなったお陰で、今日も古の動画を。
18年ほど前のものになります、DD51の重連貨物は秋田〜北上間で毎日運転されていましたが、夜間から早朝の運転だったため、撮影の機会はほぼありませんでしたが、時折、遅延が発生すると撮影可能な時間帯に走りました。この時は運よく、土曜日のお昼近くに秋田へ戻ってくるとのことで撮影が叶ったと記憶しております。
男鹿線貨物は前年の暮れに撮影したもの、どちらもどんよりした天気が、如何にも秋田らしくもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日も古い動画を