2017年2月26日 (日)

「ACCUM」EV−E801系に試乗

来週3月4日から男鹿線でデビューするEV−E801系に試乗する機会に恵まれ、一足早く交流蓄電池電車なるものに乗ってみました。

Img57664

2017.2.25 秋田駅  デビューイベントさながらになまはげと共に登場(入線)

Img_3597

9:35 営業運転時とは異なるダイヤで秋田駅を出発しました。

Img_3600_2

比較的空いていた後ろ側の車輌E800−1のフローモニター見ながら乗車していました。

コレは秋田駅での停車時のものですが、男鹿線に入ると架線の表示がなくなったり、走行時は電気の流れの黄色い表示が切り替わったり、停車時にはなまはげキャラクターが現れたりとちょっと凝ったものになっています。

追分駅で架線から蓄電池走行に切り替えをした以外は、ノンストップで男鹿駅まで走り、予定通り10:17の到着。

Img_3607


» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

マイクロエース ED78〜after

昨日から手がけたED78の加工ですが、予定していた工作が終わったのでコレで落成?
電車と違って、1両だけの加工だと意外と短期集中で出来てしまいますな。

Img_3554

連結器周りだけの加工にしか見えませんが・・・catface

Img_3545

・車輪の色入れ(動力、台車バラすの結構手間)

・動力ユニットの黒塗り(窓から見えるところ)

・碍子に色入れ(白)

など、地味にやってみました。

Img_3560

Img_3535

ナンバープレートも帯もそうでしたが、銀メッキの蒸着が良くないらしく、チョットかすれ気味な所があって残念。

試走させてみると力強い走り・・・というかスローがあんまり効かないけど、良くも悪くも古の良きマイクロ製品を感じさせてくれる逸品でした。

さて、次はどの仕掛品に行こうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

マイクロエース ED78 

ずっと放置していた古ーいマイクロエースの製品を仕上げてみることにしました。
2001年に同じ品番A9202という製品が出ていましたが、コレはそれ以前に発売されていたもの。1980年代の製品だと思います。2001年発売のものは、こちらのボディーをコピーして作られたのではないかと言われるほどモールドが甘く、わたし的にはイマイチ。。。

Img_3519

現在のKATOやTomixの製品と比べると見劣りしますが、発売当時はこれらのトップメーカーと同等の水準のなかなか良い製品だったと思います。

Img_3520

KATOを意識したかのようなちょっと暗めの赤色や、深めのモールド、Hゴムに入れられた灰色の色さしなどイイ感じ。
ウィークポイントは動きの悪い外れ製品が多かったと聞いています。確かに動力部品にプラが多用されていてギヤが欠け易そうだし、ウォームギヤの収まりがちょっと悪そうに見えます。それと、スノープローが付いていないので、連結器周りが物足りません。

Img_3523

そこで、今回はKATOのASSYパーツのスカートを取り付けてみることにします。
撮影時は、両面テープで仮止めしてみました。
古き良きマイクロエースが垣間見えるように、手すりの取付等はしないつもりです。(開放テコは付けるかも)、根性がなくて下りてくるパンタもどうにかしたいところですがどうしようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

京急2100形を作る

昨年から手が止まっていたGM製2100形がようやく完成。

P1040265

ついでにKATOの完成品にも行き先を入れて2編成同時に完成させました。
並べてみるとやっぱりKATOの方が繊細で塗装の光沢が何とも美しい、グレーが明るい感じですが新車ならこのくらいのイメージで良いかも知れません。向かって右側のGM製も古い製品の割りには健闘している方かなと。濃いめのグレーも引き締まって見えなくもない・・・か?

P1040279

一番左は年明け早々ポチッと直販してしまった鉄コレ1800代車。模型化するのにまた投資しなくてはいけない・・・ 模型はもう少し京急ものが続きそうですが今年中には他の電車も作りたいなと思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

秋田駅にて N36

昨日2月4日秋田まで電車でお買い物に。
お昼前に到着したら、ホームに入線している列車で楽しそうなものもなく、なんとなく眺めていました。

P1020302

程なく新庄行きの普通電車(2440M)が入線。クロスシート付きのN36編成でしたが、
よく見てみると屋上機器がなんか変。

P1020298

真空遮断機がカバーで覆われて、配線の引き回し方が変更されているように見えます。 その割に変圧器は更新されていないような感じが・・・
雪対策のためでしょうか? 羽越線には入ってこない編成なので見慣れないだけでしょうか? 
誕生から25年近くも経つと、いろいろ手を加えられて形態のバリエーションも増えてきているようです。乗って楽しい電車じゃないので、せめて外から見て(撮影)楽しめるようにチェックしてみようかと思った次第。

P1020304

こっちはもっと形態のバリエーションが多すぎてちょっと手に負えない部類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

臨時列車「風っこストーブなまはげ号」を撮影【2016.12.18】

男鹿線全線開通100周年記念のイベントで風っこ号が入ると言うことを耳にしていましたが、伴走車にキハ40の1000番台が入っていたようなので、それが見たいな〜と思い、撮影に出かけてきました。

船越水道や寒風山バックのポイントもいいなと思いながらも、結局は車輌をメインで撮りたかったので、羽立〜脇本間のポイントへ。

Img57595

天候が宜しくなくこんな結果でした。

Img57605

本来ならこっちをメインで撮るべきなのでしょうけど・・・

本日、列車はこの1カットのみの撮影でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

EV-E801系を撮影【2016.12.11】

今日は583系わくわくドリーム号の運転最終日らしいのですが、朝から雪も降っていたしイイ画で締めくくることも難しそうだったのでそちらはパスして、お昼近くにやって来た男鹿線の蓄電池電車の甲種回送を撮影に行ってきました。

Img57589

羽越線 羽後亀田駅 8561レ 2016.12.11
前も後追いも撮れそうな羽後亀田駅へ、上り貨物が少し遅れていたようですが、ほぼ定刻で通過して行きました。

Img57591JR九州の架線式蓄電池電車「DENCHA」をベースとしているそうですが、カラーリングや寒地向けの装備の違いがはっきりしていて、少しオリジナリティーを主張している印象でした。フロントマスクは少しだけキハE120系に似ているような・・・

最近の車輌で気になる箇所が車体の断面と前面の接合部。この車輌も昔のプラキットのみたいに顔だけ貼り付けたように段差がついているみたいでなんだか安っぽく感じるのは自分だけでしょうか。

さっそく今月中には試運転が開始されるようですが、営業運転は来春からとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

わくわくドリーム号ほかを撮影【2016.11.6】

先週の日曜日に撮影したものを今さら掲出。

Img57462

2016.11.6 羽越線 道川駅 8813M

わくわくドリーム号としての運転も残り3回となったようで機会があれば撮影しておこうと思い近場での撮影でしたが出掛けてみました。あまり気持ちは乗っておらず惰性だったかも知れません。

Img57465

光線とか構図とかあまり拘らずの安楽な撮影でした。

その後、2093レにEF510-510が入っていたようなので場所を移して撮影してきました。

仮屋沢踏切がダメでしたので折渡駅上りホームへ行ってみました。

Img57478

2016.11.6 羽越線 折渡駅 2093レ

元々光線状態の良くないポイントでしたが、曇ってくれたおかげで側面が酷く潰れずに済みました。初めて捕らえた銀色のEF510でした、春以降に何度か貨物列車を撮影していますが、遭遇確率は低いようで、多少情報を仕入れないと難しいようです。

今回は側面の汚れが一時期よりキレイになっていたようです。この日は海上コンテナが多めながら短めの編成でした。

Img57474

折渡駅のホームの改修工事が終わり1年ほど経過しましたが、しっかり見たのは今回が初めてだった気がします。信号所時代のホームはまだ少し残っていますが、ホームはほとんど改修されました。有効長は3両分しかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

きらきらうえつ延長運転

Img57458

羽越線 羽後亀田〜二古(信) 2016.11.3

11月3日(木)祝日でしたが、ちょっとだけ仕事に出掛けねばならず、昼下がりの出勤途中に撮影。

地元で「きらきらうえつ」を、ということで、いつものお手軽ポイントである仮屋沢踏切へ行ってみたところ先客が・・・ただの先客なら良かったのですが、通信関係の工事に入っているようで、「お仕事の邪魔に入っちゃイカンな」と、なんだか少しだけ身につまされたような気になり、松ヶ崎の跨線橋へ移動。

通過時に日が差してしまいコントラストの強い絵になってしまいました。

また、きらきらうえつが少し遅延していたせいで、いなほ10号のほうが先に通過しました。

Img57454_2

汚れの少ない車体でした。出場したてのU105編成でしょうか。

無理に男鹿半島を入れずに編成メインの構図にしたほうが良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

小坂鉄道まつり2016へ【2016.10.9】

先週9日(日)小坂鉄道まつりへ

Img_3039

今年は少し肌寒かったものの天候はまずまずといった感じでした。

体験運転の機関車にはヘッドマークが取り付けられていました、イベント内容としては昨年と大きな変化は無かったように思います。

Img_3070

ラッセルの動作実演、機関庫ガイド付きツアー、プラレール等々が行われました、ブルートレインの宿泊客も含めてマニアとおぼしき方々はあまり見かけませんでした。このような方々も含めてお客さんがリピーターとして訪れてくれるとレールパークの運営も安定してくるのではないかと思います。

昨年からいろいろ話題の続いたレールパークで、今年の来場人数は目標値をクリアできたようですが、そろそろ物珍しさも薄れて来る頃かも知れません。

今回の新しい企画としてはブルートレインの愛称幕回しの撮影時間がありました。

オハネフ24には全部で二十数コマ入っていたそうですが、その中で一番違和感のあったものだけ貼り付けておきます。

Img_3188

ほかには夢空間関連のものや出羽などがありましたので、四半世紀前くらいに入れ替えられたものではないのかなと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«京急650形を作る