« どっかいきてぇ〜 | トップページ | かつぱちんの休日 »

2006年1月29日 (日)

津鉄があぶない

今週は休日なしだす。そんな中、帰り際に青森支部長とお電話で会談、どうやらストーブ列車で有名な津軽鉄道がやばいらしいヨ。08年までに近代化工事をしなくてはならないが予算がないここと、経営見通しがよろしくなく、来年には存廃の結論を出さねばとのことらしいです。存続のための活動をこれから展開していくことになると思いますが、ここ最近の世の中の流れは急速に古いモノや数の少ないモノを押し流そうとしているように思えます。過去や歴史を顧みない文化は軽薄に思えます。量や数の論議では質は問えません。無駄は少ない方がよいでしょうしかし余裕の無いところに豊かさは見いだすことができないのではないでしょうか。

|

« どっかいきてぇ〜 | トップページ | かつぱちんの休日 »

コメント

「五所川原で津軽鉄道フォーラム」
津軽鉄道(本社・五所川原市、澤田長二郎社長)を支援する市民組織「津軽鉄道サポーターズクラブ」(高瀬英人会長)は二十八日、同市のエルムの街ショッピングセンターで「がんばれ津軽鉄道フォーラム」を開いた。経営難が続く同鉄道のために何ができるのか、市民や鉄道ファンら約八十人が一緒に考えた。同クラブは今月十八日に結成し、沿線住民を中心に会員は六十人となった。
(中略)
高瀬会長は「津軽鉄道にかかわるイベント団体同士のヨコの連携をもっと強めて、乗客増につなげていきたい」と強調した。<'06,1,28 東奥日報>

こんなニュースを耳にしていたから、「やばいかな〜?」と思ってたとこでした。

正月の「くりでん行」でも感じたことだけど、廃止が見えた鉄道ってどこか寂しげ・・・
「銀鉛カメラ関係の撤退騒動」もそうだが、これが「改革」ってことの余波のひとつなのかしら。いわゆる「勝ち組」と「負け組」かい!? たしかに、無駄と余裕はどこか違うことだと思うがなぁ〜。

投稿: 楓ちゃん | 2006年1月29日 (日) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/8389942

この記事へのトラックバック一覧です: 津鉄があぶない:

« どっかいきてぇ〜 | トップページ | かつぱちんの休日 »