« いくぜ門デフファイナル | トップページ | 門デフ報告  の続き・・・ »

2008年5月14日 (水)

門デフ報告

5月9〜11日、磐越西線に門デフC57撮影に行って来ました。happy02同行のスハニ6さんは3月の小坂終焉以来、久々の撮影にもかかわらず、かつぱ号で○ヨ付きのハードなスケジュールcatfaceでした。10日の早朝には新潟駅でムーンライトmoon3えちごで参戦してきた倶知安さんとも合流して、今回は初めて新津の出区を狙ってみました。

Img_1942

会津若松の庫とは違って現代的な設備でしたが、C57180の手入れの行き届いた姿を間近に見ることが出来て満足度は高かったと思います。かつぱちん一行を迎えるカタチで一足先に撮影をしていたM原代表もそう思ったに違いないと思います。(多分ウソbleah

磐西撮影1日目は、五泉の鉄橋→群岡のカーブ俯瞰→川吉Sカーブ→若松運転区→鹿瀬鉄橋→馬下〜猿和田の田んぼ、ってなかんじで撮影でしたが、復路は電池が切れたか?なかなか思うようには撮影できず、残念。。。どの辺で追いつけるのか行程を感覚的に頭に入れておかないといけませんね。次回の課題。

Img_1982

撮影終了後は、新潟まで戻ってお泊まりでした。倶知安さんはそのまま、またまたムーンライトえちごで東京へ戻っていきましたが、相変わらずタフですね。

撮影2日目、前日よりスロースタートでしたが、新潟の快適な道路事情に助けられ、今度は叔父喜号&五郎八さんと三川で合流してから五十島の大カーブへ。その後は日出谷の先まで移動し阿賀野川と新緑clubを絡めての撮影、美しいポイントでした。更に山都の先でまたもや新緑を入れての撮影で往路の撮影を締めくくりました。

返しまでの間にはいつもどおり喜多方のあべ食でお昼noodleでした。今回は2日がかりで辿り着いた感があったので、気分的には格段に旨かった・・・気がする。それからまだ時間に余裕があったので日中線跡のC1163を見物してから、午後の部へ〜

一行は喜多方近辺では割りと有名な松野踏切へ(前述のM原代表もここで撮っていたようでし)、特段、変哲もないポイントかな〜と思っていたら、制服のJRさんが見回りにいらしてチョットびっくり。今シーズンは近所で事件もあり異例の警戒態勢らしい、まったく一部の輩のせいでいろんな方向に迷惑をかけているんだな〜と実感(実際、逆の立場になってみれば仕事とは言え、見回りなんて余計な仕事させられるのは、非常に気分の悪いものだろうな〜と感じました)、そんなこんなで松野を終えた後は、定番の日出谷の鉄橋へ〜

Img_2013

日出谷到着時に叔父喜の楓号rvcarにチョットした御神酒事件beerが勃発〜でもそのおかげもあってか天候が回復して、最後の馬下では、叔父気曰く「奇跡」の美しい水鏡shine&夕日sunのカットを見ることが出来ました。終わりよければ何とやらでしょうか。。。

Img_2022

|

« いくぜ門デフファイナル | トップページ | 門デフ報告  の続き・・・ »

コメント

今回の磐西作戦ではお世話になりました。
初めて生で見る門デフC57はかっこ良かったです!
そして久々に聞く蒸気らしいドラフトも良かった。

投稿: スハニ6 | 2008年5月15日 (木) 07時01分

報告ご苦労〜
こりは、30Dで撮ったものかな ?

ちなみに、さすがの倶知安さんも夜行往復日帰りはキツかったそうでし・・・

投稿: 叔父喜 | 2008年5月15日 (木) 11時01分

そうです、ぜんぶ30Dで撮ったものですね。
馬下のカットはRAW現像するときにWBを変えてみました。

投稿: かつぱちん | 2008年5月15日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/41210772

この記事へのトラックバック一覧です: 門デフ報告:

« いくぜ門デフファイナル | トップページ | 門デフ報告  の続き・・・ »