« 羽越線お立ち台巡り〈2016-8-7〉 | トップページ | 秋田総合車輌センターフェア2016へ行く »

2016年8月17日 (水)

NEKOの本

以前オークションで購入したED75の本に続いて、このシリーズのEF58とDD51の本も入手しました。勝手にシリーズ書籍と思い込んでいましたが、副題を見てみると、そのようなことは意識していようにも思え、ED75の巻末を見返してみたところ、発刊されなかったお召し列車の予告があったり、当時の書籍発行の苦心ぶりが垣間見えたように思えました。

Img_12903

「華麗なる特急電機EF58」こちらは第2版のS57年2月の発行で初版とは表紙が違うようです。表紙にもあるとおり、172両全機の写真が載っており、さすがは人気のEF58で形態と分類もしっかり記録されていました。当時はイベント列車などほとんどなく、89号機ですら茶色塗装になる以前でしたので掲載写真は荷物列車や旧客、20系、12系といった車輌との組み合わせが多く、地道に働く機関車の印象が強く出ている感じです。

Img_12904

「国鉄花形DLのすべてDD51」こちらは最後に購入したものですが、この3部作の中では2番目のS57年6月に発刊されています。こちらは総数が650両近くあるため写真は全機揃っていませんが、当時の配置の記録はしっかり記載されていて、廃車も僅かな状況だったのでDD51全盛期の記録といえるものではないでしょうか。
他のDF50/DD50/DD54については項数は多くないものの特徴を理解するには十分な内容に思えました。
ちなみに最初に購入したED75はS58年3月に発行されています。EF58については初版の部数が少なかったのかS56年12月に発行された後、僅か2月後に2版が発行されています。DD51とED75については増刷されずに平成3年頃までRM誌上で広告の掲載が見られました。

|

« 羽越線お立ち台巡り〈2016-8-7〉 | トップページ | 秋田総合車輌センターフェア2016へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/64070242

この記事へのトラックバック一覧です: NEKOの本:

« 羽越線お立ち台巡り〈2016-8-7〉 | トップページ | 秋田総合車輌センターフェア2016へ行く »