« NEKOの本 | トップページ | SL銀河撮影へ »

2016年8月20日 (土)

秋田総合車輌センターフェア2016へ行く

こういうイベント名称だと、わたくし的には今ひとつしっくり来ないので、勝手に言い換えると「土崎工場の一般公開日」でありまして、例年だと10月14日の鉄道の日の近辺に開催されてるのですが、今年は何故か夏休み期間に行わました。いつもは他の鉄道まつりに出掛けるために見ることができなかったのですが、今回はおそらく十数年ぶりに巡ってきたチャンスという訳で、小さい人も交え、一家で見学してきました。

Img56895

総合車輌センターに来た第一目標はズバリ、小さい人を「ミニSLに乗せる」ことだったので、お昼過ぎに到着して、ミニSLに乗り終えた頃にはもう公開終了まで1時間ほどしかありませんでした。

それでも公開されている車輌は一通り見物してきましたが、もう少し時間の余裕が欲しかったところ。。。今度、機会があれば工場の社食も味わってみたかったところです。

Img_2911

137号機はこのあと解体予定とのことですが、こちら136号機はこのあと本線上に復帰していくことでしょう。

Img_2908

新橅編成が営業に入ると、すぐにこちらに取り込まれて敷地の端っこに置かれていたこちら旧編成は休憩所代わりに据え付けられていました、この後どうなるのか解りませんが、またどこかで見ることができそうな予感がしました。

Img56899

公開イベントの一つとしてオハに36の体験乗車というのがありましたが、こちらは客車(車体)に自走できる台車をはかせてお客さんを乗せるという、ちょっと奇抜な企画。客車が自走してくる姿が何ともシュールでした。(工場内でなかったら転動事故だなbomb)

Img56914

五能線のヘッドマーク(シール)付きの車輌も入場していました。

Img56903

こちらはEF81137の後ろに連結されていたDD51897、半年ほど前にこちらに送られてきたようです。随分キレイになったように見えますがこの後どうなる???

Img56905

久しぶりに15-35mmのレンズを使って規制線の内側一杯で撮影を試みましたが正面側をキレイに収めることはできませんでした。DE10も2両ほど展示されていたようですがやはりDD51のほうが堂々とした迫力があって、格段にかっこいいと感じたのでした。
暑いさなかでの開催だったので、工場の職員の方も随分大変そうでしたが、応対はとても親切だったように思います、そして来場者は皆一様に楽しそうだったのが印象的でした。

|

« NEKOの本 | トップページ | SL銀河撮影へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/64087380

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田総合車輌センターフェア2016へ行く:

« NEKOの本 | トップページ | SL銀河撮影へ »