« お召し列車を撮りに行く | トップページ | お召し列車待ちの合間に撮影 »

2016年9月19日 (月)

京急ブルースカイトレインを作る

Img_3007_2_2

およそ10年前に購入したGM(クロスポイント)製の京急2100形BLUE SKY TRAINを今になってようやく完成させました。

今月の初め頃から、インレタ張り、クリア塗装、ステッカー張り、窓入れ、パーツの塗装、組み立てといった感じで少しずつ作業をしていました。トレジャーの床下機器を使った以外はほぼ素組みです。

Img_3002

10年経っている間に、実車は2代目に代わってしまい、今は機器更新された2133編成になっています。さらに哀しいことには昨年末にはKATOからも2100形の完成品が発売され、しっかり購入してたりします。

Img_30081

並べてみると、メーカの技術力の違いを差し引いても、出来の違いは十年一昔の感があります。KATOのディテールは繊細です、GMキットをこのレベルまで作り込むとしたらプロ級の腕がないと無理じゃないかな。時代は変わったんだなと〜熟々感じます。

(そもそも、ブルースカイトレイン自体完成品が2社からもう出ているのでキットを作る必要自体無いのですが・・・)

比 較してみると、床下は灰色9号で良かったらしいのですが、台車の成型色に合わせてねずみ色を塗ってしまいました。(実車なら汚れてる部分なのであまり気に しないことに・・・)機器はトレジャー製に取り替えた甲斐があって、ほぼ一緒になっています。台車に合わせてモールドがもっと深くてもよかったかも。GM キットもディテールにメリハリがあって悪くはないと思いますが、腰高なのと動力が相変わらずイマイチな点が・・・

勢いで2100形をもう1本(これも10年以上前に購入)と650形も制作を開始したので、頑張って早いウチに12両編成の快特を再現したいところ。。。 

|

« お召し列車を撮りに行く | トップページ | お召し列車待ちの合間に撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/64226264

この記事へのトラックバック一覧です: 京急ブルースカイトレインを作る:

« お召し列車を撮りに行く | トップページ | お召し列車待ちの合間に撮影 »