« 京急2100形を作る | トップページ | マイクロエース ED78〜after »

2017年2月17日 (金)

マイクロエース ED78 

ずっと放置していた古ーいマイクロエースの製品を仕上げてみることにしました。
2001年に同じ品番A9202という製品が出ていましたが、コレはそれ以前に発売されていたもの。1980年代の製品だと思います。2001年発売のものは、こちらのボディーをコピーして作られたのではないかと言われるほどモールドが甘く、わたし的にはイマイチ。。。

Img_3519

現在のKATOやTomixの製品と比べると見劣りしますが、発売当時はこれらのトップメーカーと同等の水準のなかなか良い製品だったと思います。

Img_3520

KATOを意識したかのようなちょっと暗めの赤色や、深めのモールド、Hゴムに入れられた灰色の色さしなどイイ感じ。
ウィークポイントは動きの悪い外れ製品が多かったと聞いています。確かに動力部品にプラが多用されていてギヤが欠け易そうだし、ウォームギヤの収まりがちょっと悪そうに見えます。それと、スノープローが付いていないので、連結器周りが物足りません。

Img_3523

そこで、今回はKATOのASSYパーツのスカートを取り付けてみることにします。
撮影時は、両面テープで仮止めしてみました。
古き良きマイクロエースが垣間見えるように、手すりの取付等はしないつもりです。(開放テコは付けるかも)、根性がなくて下りてくるパンタもどうにかしたいところですがどうしようかな?

|

« 京急2100形を作る | トップページ | マイクロエース ED78〜after »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/64906619

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロエース ED78 :

« 京急2100形を作る | トップページ | マイクロエース ED78〜after »