« 2017年5月 | トップページ

2017年6月23日 (金)

DD130のディテール

先日開催された小坂町のアカシア祭り、小坂鉄道レールパークでは、昨年ほどのイベントは無く、明治100年通りでの観光トロの特別運行くらいのもので、しずかなモノでした。
加えて天候も雨が降ったり止んだの肌寒い気候。
お客様も疎らでその分、スタッフのお仕事も少なめだったので、車輌の汚れ落としなどもしながら間近で見学して参りました。

Img_4099

(生憎の天候の中運行された6/10午前の観光トロッコ)

続きを読む "DD130のディテール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

白沢〜陣馬にて

本日も過去画像より掲出。

全然記憶に無かったのだが、古いHDDには残っていた画像。

特急色の「たざわ」なので少なくとも20年以上前の撮影となる訳ですが、そんなに古い画像に思えない。なぜか・・・?

Photo_2

今となれば感涙モノですが、当時はごくごく当たり前で特別感は全くなく、(記憶からも消去されるほど)日常の記録だったわけです。

見返してみると、走行区間が「たざわ」としては、ややイレギュラーですが国鉄形485系としてのかっこよさが感じられると思います。

イベント運行などよりもヤラセ無しの本来の運行の姿の方がやっぱりいいな〜と改めて感じたところです。

Ed75775

もう1枚発掘したのは、ヤラセというよりハプニング的な、羽越線西目駅での撮影。

この時は土崎工場へ入場するはずだったDD14が出戸信号所で脱線したか何かのときで救援列車に仕立てられたモノと記憶。フェンスが邪魔だったので、どうにもらなないや〜と諦め半分でこの程度のカットしか撮らなかったようです。

南秋田運転区にいたマニ50が挟まれていましたが、もっと見ておけば良かったな〜改めて後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

茂内通過

ハードディスクを整理していたところ、過去にスキャンしたデータが何枚か出てきました。

今日はその中から、小坂鉄道のDD132の写真を・・・

Photo

茂内駅通過のタブレット授受シーンより。

Photo_2

こちらは平成7年頃の撮影か、全塗直後のキレイな姿ですが、当時は他の機関車と3重連を組んだときのバランスが取れなかったので微妙な存在でしたが、次第に汚れていくとすっかりなじんでしまいました。よく見るとメーカーズプレートやホイッスルカバーも赤く塗られていたようです。

P6101845

こちらは2017.6.11小坂レールパークにて、あの頃の真っ赤なボディーではないけれど、塗装の剥げも目立ちますが、20年経っても現役さながらの走りを保っています。

がんばれDD132。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

山ろく線を撮影

去る5月29日(月)、夕刻天気が良く鳥海山が見えそうに思えたので、仕事帰りに沿線に足を伸ばしてみました。

P5291536_2

鳥海山ろく線 久保田〜前郷 OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

しかし、山頂付近には薄く雲がかかり、曇ってしまったため夕景にもならず、ただ暗いだけの画像を収めてきました。

P5291589_2

続いて下り列車を吉沢〜川辺間で撮影しましたが、これもどんよりとした感じになりました。

P5291608

鳥海山バックの撮影ポイントは往々にして午後が順光になりますが、午後になると雲がかかることが多く、なかなかすっきりした画を撮影することが難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

今日もカシオペア紀行の回送

今週も走っていたようなので、近場の(運転)停車駅、道川駅へ見物。
天気がイマイチだったので、あんまり撮影に出かける気分ではありませんでしたが、折角近場で見られるのならと、カメラ片手に散歩気分で行ってみました。

P6041647

OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO 回9830レ
進入を撮影したら見事な串パンのできあがり。

P6041659

停止後にオーソドックスな7:3カットを撮影しましたが、ホームの端っこで窮屈なところから・・・しかも全編成入っていないというオチまでついてます。

P6041676

羽越線 道川〜岩城みなと OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
10分の停車時間を利用して、先回りしてもう1カット。
晴れると側面が潰れてしまうので、この場所で今日の天候は都合が良かったようです。

続きを読む "今日もカシオペア紀行の回送"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ