« 白沢〜陣馬にて | トップページ | EL・DLあきた号【2017.6.24】 »

2017年6月23日 (金)

DD130のディテール

先日開催された小坂町のアカシア祭り、小坂鉄道レールパークでは、昨年ほどのイベントは無く、明治100年通りでの観光トロの特別運行くらいのもので、しずかなモノでした。
加えて天候も雨が降ったり止んだの肌寒い気候。
お客様も疎らでその分、スタッフのお仕事も少なめだったので、車輌の汚れ落としなどもしながら間近で見学して参りました。

Img_4099

(生憎の天候の中運行された6/10午前の観光トロッコ)

Img_4212

DD13556のキャブからDD131のキャブを見たところ。

こちら側から見ると国鉄DD13に近い印象、チラッと見える運転台や正面窓は別物ですが、先日発売されたRM LIBRARY 214「国鉄DD13形ディーゼル機関車(中)」の分類では雨樋の形状など7〜11次車に近い造形のようです。実際の製造年から言うと17次車以降に該当するはずなのですが、本線運転を重視した運転台の配置などからの関係があるのかも知れません。メッシュ状の汽笛カバーも小坂ならでは。そういえば側面の窓下の通気窓もこちらの機関車にはありませんでしたね、DD13556には付いていますが・・・

Img_4200

前照灯はシールドビーム2灯というのは常識ですが、レンズにちゃんとシールドビームって銘が入っていたんですね。下には控えめにKOITOとも入っていました。

Img_4249

DD131の心臓部DMF31SB、1エンド側のエンジンの銘板。油で黒く汚れていたので拭き取ってみました。昭和42年4月新潟鉄工所浦和工場の銘が出てきました。載せ替えはあったかも知れませんが車体の製造年と一致していました。

今回の発見はこんなところでした。RM LIBRARYの発刊が良いタイミングでがなかなか役に立ちました、もうすぐ下巻が出てくるはずなので楽しみにしているところです。


|

« 白沢〜陣馬にて | トップページ | EL・DLあきた号【2017.6.24】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/65449053

この記事へのトラックバック一覧です: DD130のディテール:

« 白沢〜陣馬にて | トップページ | EL・DLあきた号【2017.6.24】 »