« 2017年6月 | トップページ

2017年7月16日 (日)

3連休は・・・

3連休は特段撮影はしませんでした。16日はいつものカシオペア回送がありましたが、沿線の大雨の影響でダイヤが乱れたために、運転時間が読めず、あっさり諦めてしまいました。EF8180号機の牽引だったので、ちょっと撮ってみたかったのですが、ウチの中で模型を弄っていたりしました。

Img_4391

Tomix EF64一般型(7次車)の旧製品です。 ASSYのスカートを調達したら、入手できたのが貨物機用のモノだったので電暖表示灯を削って小加工をしているところです。
古の製品なのでディテールは現行品に及びませんが、走りはしっかりしているので嫌いではない製品なのですが〜EF64はあまり馴染みがないのでパンタとガラスを外したまま10年以上放置されていました。

Img_4392

たまたま、雨降りで家に籠もったおかげで、ジャンク状態から近日中に復活できそうです。

Img56996

ちなみに撮影できなかった80号機牽引のカシオペアは昨年8月28日に東北本線で撮影。
どうせ撮るならこんな天候の下のほうがよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

今週のカシオペア紀行の回送

P7090394m

奥羽線 北金岡〜森岳 2017.7.9 回9830レ OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

 

快晴のもと真夏を思わせる暑さの中、いつもより遅い時間でやって来るカシオペアの回送を奥羽北線まで追ってきました。

森岳のストレート区間は下り列車を撮影することが多かったのですが、午後の上り列車は光線状態が良いようです、但し夏の期間はご覧の通り、正面に光線は回りません。

ここではもう一組の関東からの方が撮影されていましたが、67ⅡLimitedを使用されておられまして、初めて稼働機を見てちょっと感動いたしました。

P7090405m

奥羽線 羽後飯塚〜大久保 2017.7.9 回9830レ OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

途中秋田道を使い、長時間停車のある羽後飯塚の先に回りました。当初は羽後飯塚駅で駅撮りを考えていましたが、大久保までのストレート区間にあまり撮影者が居なかったことと、天候が良いことから沿線での撮影に切り替えました。

P7090447m

どちらのカットにも微妙に邪魔な看板が入っています。にわか鉄な私には、あまり問題ではありません。

でも、なんだか満足感があって、しばらくここでは撮影しなくても良いかな〜という気になってきました。

わりとのんびりと家路についたのですが、羽越線内でも追いつけたので、最後は下浜の先の雪川踏切で撮影しました。

P7090458m

羽越線 下浜〜道川 2017.7.9 回9830レ OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

ここでは秋田市内のSさんと遭遇、気負わず1カットを押さえに来た感じに見えました。

待っていれば、自分も家の近所で撮影できた筈なので、半日かけてあちこち行かなくても良かったかな〜と、最後にしみじみ感じたところでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

EF8181全検出場

7月4日は仕事で撮影になど行けなかったのですが、羽後本荘駅に到着するのが定時後のようだったので、残業を中抜けして見物に行ってきました。
この塗装のおかげで現役電機の中では一番注目のカマなのではないでしょうか、それだけにやはり見てみたいという衝動に駆られてしまいました。
しかしながらカメラは携行していなかったので、iPhoneでの撮影です。
天気が悪くて暗かったせいもあるかも知れませんが、もうちょっとキレイな足回りを映したかったかな。

Img_4305

複線区間なのになぜか「いなほ」と交換するように1分停車して帰区していきました。
(iPhoneのシャッターのタイムラグのせいで酷い被りに・・・)

Img_4307

常磐無線の配線がまだ残っていたとは。
模型では再現が難しいなと思っていたら、今度のKATOカシオペア紀行セットに含まれるEF8195号機ではどうやら再現されるらしいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

本日の撮影

P7010342

本日の撮影対象は釜石線・・・ではなく、過去のポジフィルム等でした。

要はライトボックスの上に置いたフィルムをマクロレンズで撮影です。今までならフィルムスキャンをしていたところですが、今般の低価格なフィルムスキャナーとやらは、フィルムをカメラで読み込むような方式を採っているらしいということで、ならばと自分と手持ちの機材でそれを再現してみようと実行に移したわけです。

そして、試しにやってみたところ・・な訳でして、手始めに35mmのポジフィルムの撮影を試みました。

かなりイイ感じです、フィルムスキャナーより短時間で結果が分かりますし、画質もフラットベットのより良いかと思います。結果的には見たままなので、フィルム独自の色調なんかもよく再現されているかと感じました。

P7010341m

元が良ければデジタル撮影といっても良いほどかも知れません。

ついでにネガも撮影してみました。

P7020364

ネガなのでスリーブ状のモノをネガ袋から出しての撮影。その後、データのカラーを反転させて加工をしましたが、あまり上手くいきませんでした。ネガのカールのせいもあったかも知れませんが、周辺部の色調が変な感じです。 保管状態の問題も否めませんが、ネガの小キズも気になりますし色が、いまひとつ冴えません。

P7020355

次にPENTAX67で撮影したブローニーフィルムも撮影してみました。

こちらもモノが大きいだけにフィルムのカールが気になりましたが、なんとかピントが出ているようです。

P7020349

 ピントが浅いところなどもしっかり再現できたかなと・・・ しかし、マウントしていないスリーブ状のままだと、扱いに気を遣いますのであまり積極的にやりたいとは思いませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ