« KATO東急7000系 | トップページ | 今週もカシオペア回送 2017 8.20 »

2017年8月21日 (月)

あきた鉄道フェアin土崎2017 8.19

今年の土崎工場の公開は標記のイベントタイトルが付いていたようです。
昨年も8月に開催されていましたが、今年も引き続き夏期のイベントとして催されました。
暑い時期に屋外のイベントは辛いモノがありますが、10月開催だと都合がつかず見に行けないことが多々あるので、それはそれで良かったかなと。。。
他の車輌センターと同様に家族連れ向けのイベントとして定着していますが、今年は支社の後援も入り、わざわざ展示車両を持ってきたり、臨時列車が運転されたりと、大々的なイベントになっていたようです。
そんなこととはつゆ知らず、一家で昼前に到着した頃には駐車場は満車、臨時列車利用で土崎駅から歩いてきたと思われる人達もちらほら・・・といった状況で盛況を呈しておりました。
息子&母はミニSLの行列に並んで乗ってくるとのことだったので、待ち時間の間に車両の展示を駆け足で見て回ることにしました。

Img57776

台車研修場では武蔵野線向けに改装中のE231系が展示されていました。

Img57789

その隣の棟の電気機器研修場では、先日入場したEF641001が展示されていました。(噂では一般色に?)
奥には仙台から入場中のED75758の姿も。

Img57790

Img57821

EF641001の向かい側の屋外には、DD51888とED75777のゾロ目ナンバー2両が展示されていました。 ED75の後ろには昨年同様、旧ブナ編成が休憩所として開放されていました。

Img57818

屋外展示の2両は間近で見ることも出来ましたがキレイに収めることはちょっと難しかったようです。今回はEF641001の撮影などワイド系の16-35mmのレンズが久々に活躍しました。

Img57801

DD51はもう1両、897号機が建屋の中に。なんだかプラモデルのパッケージの絵にでもなりそうな光景でした。
そのほかEF81140号機が顔が見える状態で建屋の中に。

Img57807

Img57829

あとは昨年、時間が無くてよく見ることの出来なかったC5144のカットモデルの様子を撮影してきました。

そんな感じで展示車両を一回りして、ミニSL組と合流と思いきや、まだ行列のさなかでした。結局、1時間以上根気よく並んで乗車してきましたが、小さいながらによく我慢できた(そんなに乗りたかったのか)な〜と甚く感心してしまいました。大きい大人のお父さんには、行列を見た瞬間、くじけて、蒸し暑い中30分待つのも無理だろうと思います。

|

« KATO東急7000系 | トップページ | 今週もカシオペア回送 2017 8.20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/65690078

この記事へのトラックバック一覧です: あきた鉄道フェアin土崎2017 8.19:

« KATO東急7000系 | トップページ | 今週もカシオペア回送 2017 8.20 »