« カシオペア紀行の回送【2017.8.13】 | トップページ | あきた鉄道フェアin土崎2017 8.19 »

2017年8月16日 (水)

KATO東急7000系

発売日から遅れること約半月、我が家にも遠路はるばる山口から東急7000系
がやって来ました。

Img_4543

レジェンドコレクションと銘を打たれていますが、実車も模型も確かに伝説級です。
シリーズ9作目にして、私鉄電車としては3作目、通勤電車としては2作目にあたるようです。
実車は日本初のオールステンレス車輌として有名なだけでなく、製造から50年経た現在でも地方私鉄において現役で走っている強者です。
模型の方は、といいますとメジャーなメーカーでこの型式を手がけるのは3社目となりますが、私鉄通勤車で3社競作となるのは結構希なのではないでしょうか。(思い当たるところでは、東急5000系(新)、京急1000形(旧)、営団6000系あたりか・・・)

Img_4544

今回は、東横線、日比谷線直通での活躍をイメージした8両のフル編成をセットにしての登場でした。
これまで発売されたGMキット、鉄コレと比べると、やはり格段に出来が良いです。
話題になった、ブレーキディスクが回転する台車などは、ぱっと見、回転しているか分からないくらい精度が高く、よく出来ていました。鉄コレではいい加減だった屋根と妻面との継ぎ目や、GMではいい加減だった床下機器もきちんと起こされていました。
ベンチレータ側面の表現や台車のアンカーの表現は、GMキットもアリかな?といった印象。
パンタのホーンが1本なのは馴染みが薄いのですが、この頃はそうだったのかな?(目蒲線で実車によく乗った頃には、もうこのタイプのパンタは池上線の7200系でしかお目に掛かったことがありませんでした。)

Img_4541

Img_4542

東急の晩年の赤帯仕様が出たらまた買っちゃいそうです。
7700系も造って欲しいところですが、屋根と床下以外にも妻面の樋が違ったりするのでまず無理でしょうね。(鉄コレはやったけど・・・)

|

« カシオペア紀行の回送【2017.8.13】 | トップページ | あきた鉄道フェアin土崎2017 8.19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160833/65669278

この記事へのトラックバック一覧です: KATO東急7000系:

« カシオペア紀行の回送【2017.8.13】 | トップページ | あきた鉄道フェアin土崎2017 8.19 »