« 久しぶりに撮影 | トップページ | 平成最後の・・・SL銀河試運転【2019.4.21】 »

2019年4月 5日 (金曜日)

平成最後の

平成最後の更新になるかも知れませんが、今日は今から30年ほど前、つまりは平成初めの頃の常磐線の画像を・・・

当時は人気の撮影地、取手〜藤代間にて。(今で云うなら常磐線のヒガハスと言ったところか?)

今ではここのポイントで撮影されたものをほとんど目にすることがないように思いますが、どのように環境が変わったのか気になるところではあります。
24

当時はボンネットのひたちが当たり前、国鉄時代の最後の大規模配転で九州などやって来た車も多かったようですが、この頃になると赤スカートやヒゲ無し車などは見かけなくなっていたように思います。

32
7連の編成も既に有りましたが、あまり編成が短いことは気にならなかったようです。
35
スーパーひたちも既にデビューを果たしており、当時はもちろん此方の撮影を目的としておりました。目新しさと早さが先行して、あまり格好いいとは正直思っていませんでしたが、乗ってみたい車輌ではありました。
36 普通電車にもまだ401系や403系が残っていたはず、まだ側面の方向幕は使っておらず、東北、高崎線と一緒にサボを使っているあたりで東海道、横須賀線と格差を付けられているな〜と感じたものです。
25
当時も時折、貨物列車が走っておりました。たまたまやって来ていたのは97号機。30年経っても同じ装いのまま走っているとは・・・

|

« 久しぶりに撮影 | トップページ | 平成最後の・・・SL銀河試運転【2019.4.21】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに撮影 | トップページ | 平成最後の・・・SL銀河試運転【2019.4.21】 »