« カシオペアと津軽【2019.5.18】 | トップページ | 仮屋沢通信〈2019-7-13〉 »

2019年7月 7日 (日曜日)

仮屋沢通信〈2019-7-6〉

一年程前も仮屋沢踏切で撮影していたようです。夏場はいなほ7号が順光で撮れるので気にいっていますが、毎度同じ事をしても面白くないので、今日はCanonのEF300mmf2.8、所謂サンニッパも持ち出して撮影して来ました。

Img58051m

Canon EOS5D MarkⅢ EE300mm f2.8

P7060074m  

OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO +MC14

E-M1の方をアンダー目に補正をしたせいもあり随分違った印象になりました。

Canonの方は重くて、さらに手ぶれ補正がないので三脚にしっかりと固定、ピントの追随もイマイチでコマ速も遅いので、勢い集中しての撮影を強いられ、一方のE−M1といえば、安っぽく見えてしまうほど小型軽量化されていますが、ピントの追随と手ぶれ補正はかなり強力に威力を発揮してくれますので、シャッターボタンを押せば、とにかくなんとかなる。みたいなカメラです。

対極的な2台を平行プレートに据え付けて撮影しましたが、当然メインで撮影したのはEOS5Dの方で、E-M1はレリーズしただけと言う状況でした。結果的にどちらも失敗無く撮影できたわけですが、どちらかと言うと、Canonの方が写真撮影している感じがしました。

自身がフィルム時代から撮影しているせいもあるのかも知れませんが、ピント、絞り、シャッターを自己決定するプロセスがあるとなんとなく安心するのでしょうか。普段は押すだけで撮れちゃう方がメインですが、たまには、こ難しく写真撮影してみたくなるようです。

|

« カシオペアと津軽【2019.5.18】 | トップページ | 仮屋沢通信〈2019-7-13〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシオペアと津軽【2019.5.18】 | トップページ | 仮屋沢通信〈2019-7-13〉 »