2019年2月11日 (月曜日)

品川駅で電機とか(’89.5)

3連休、催事も多かったようですが真冬日続きだったので、家に籠もって劣化して来たネガフィルムを複合機でスキャン。以前マクロレンズを使ってデータ化しようと試みるも、色の反転が今ひとつでしたので、解像度はイマイチながらも手軽に出来そうな手法と言うことで何枚か読み込みしてみました。
その中から、本日は品川駅での展示イベントのものなど。

11

1989.5.3 品川駅
初めてじっくり見たEF5861感動ものでした。機関車の前に人が入らないように結構粘って撮ったはず。隣のホームにいたのは、お座敷12系の「江戸」ですね。

67

後ろにチラッと映っていたEF641001。ふれあい放題だったので、ギャラリーの人も写り放題でした。茶色になってまだ日が浅かったと思いますが、高崎局には旧客の他にも、茶色のお座敷12系があったので茶色い機関車の必然性はあった様で、あまり違和感の覚えがありません。

66

 
他にEF551も同ホームに展示されていました。運転台の公開をしていたみたいでホーム上にはお客さんの列が出来ています。こうなるとキレイに写し取ることは無理のようで、この角度ではこのカットしか撮っていませんでした。

103

いちばん田町寄りに展示されていたと思われるEF8193。此方の画像は色の補正をしなかったもの、黄色く劣化してるな〜と思って、フィルムをよく見てみるとKODAK GOLD100というネガを使用していました。 昔はよくコダックは黄色みが強いと言われていたことを思い出しました。(富士と比べて)その傾向なのかも知れませんが、さすがにちょっと変なので、他のコマはオートの色補正を入れてあります。

106

同日、関連のイベントとして、品川〜新宿の間でクモハ40の運転がありました。
山手貨物線を走るということで五反田駅ホームで撮影をしていました、なぜ五反田駅だったのかは、今となっては思い出せませんが撮りやすそうだと感じたんでしょう。

105

現在は、りんかい線や湘南新宿ラインが走っている区間。後ろの池上線のホームなども今となってみればよい記録かなと思います。
当時の撮影機材はニコマートFT−Nに50mmf1.8かタムロンの28mmを付けていたかと。連写できなかったので36枚撮り1本のフィルムからチョイスしたものです、今の撮影に比べて採れ高の高い(無駄コマが少ないだけ・・・ベストショットも逃してるけど)ことに驚きを感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土曜日)

小坂鉄道のマルタイ

冬は撮影に行く機会も少ないので、古い写真(プリント)をスキャンしてみました。

地味ですが、貴重な(多分)記録かと。

現在も小坂レールパーク内に朽ちた姿を留めているマルタイの稼働時の姿です。

Photo

芝浦製作所MTT15Mという型式らしい(トワイライトゾーンMANUAL5より)

2

大館駅の移転に伴う線路の付け替え作業の際に撮影したもの。

まだ道路も完成していなかったので、遮断機も下りたままの踏切をのんびりと御成町踏切方向へ移動していたと思います。

3

作業現場へ到着。後ろは御成町踏切、このあたりは線路の移設はなかったはずですが新しいバラストとレールが引かれています。

そして、線路の切り替えと同時に撤去される予定だった、大館駅構内の腕木信号の鉄塔?も写り込んでいます。

1

突き固めの様子。リモコンだけで、突き固め作業の他、マルタイの移動も出来ていたと記憶しています。

小坂駅から大館駅まで20数キロもトコトコと走っている姿を撮影したかったな〜と、20年も経ってから改めて思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土曜日)

今日の工臨は777

P9091573r

羽越線 道川〜岩城みなと 2017.9.9 OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

夕方、秋田市内からの帰り道にて、羽越線沿線に多数の撮り鉄が居ることを確認。誰の目にも何か珍しい列車が走るのだな〜と想像させる光景でした(まるで洋上の海鳥の群れのようだ)ので、帰宅後に最寄りのお立ち台に行ってみました。

 

カシオペア回送ではないことは分かっていたので、またまたロングレール輸送かなと思っていたら、やはりED75牽引の工臨でした。

 

今回は先月の奥羽北線と牽引機が変わり777号機でした。

 

どうやら、今宵これからの作業のようで、羽越線のどこかで作業をしているはず。

 

先頃このレール輸送の貨車について、気動車化を行い効率化することが公式に発表されましたので、引退のカウントダウンが始まったようです。機関車牽引じゃなくなったら果たしてカメラを向ける撮り鉄はどれくらい居るのか気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土曜日)

先月の撮影から「ED75工臨〜2017.8.19」

早いもので、もう9月。
記事的には前後しますが、8月19日(土)に奥羽線で走ったED75牽引の工臨(レール輸送)の画像を。

P8190035m

奥羽線 大久保〜羽後飯塚 OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
撮影場所は
大久保ストレートと言われるお立ち台付近ですが、夕方でしたので敢えて逆サイドからシルエット気味に撮影。
順光サイドには多くの撮影者が居ましたがこちら側は誰も居ませんでした。

P81900862

奥羽線 羽後飯塚駅 OM-D E-M1 Mark2 ED12ー40mm PRO

走行写真撮影後は、羽後飯塚駅で駅撮り。大久保ストレートで撮影しなかった7:3写真を撮影。日没間近の長時間停車でしたので、撮影者が多数集結していましたが、発車前には多くの方々が居なくなっていたので、更に沿線で撮影していたのでしょうか?

 

続きを読む "先月の撮影から「ED75工臨〜2017.8.19」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土曜日)

最近の撮影から「お立ち台巡り&駅撮り」

先週の土崎工場(現・秋田総合車輌センター)やらカシオペア回送の撮影のほかに、県内各地のお立ち台で撮影をしていたので載せておきます。
まずは719系撮影の2度目のチャレンジ。

P8181045

2017.8.18 奥羽線峰吉川〜羽後境 423M OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO
ようやく秋田色の719系が撮れたという感じ。まだ満足できるレベルには到達してないのでまたそのうち狙ってみたいと思います。

もう一つの701系以外の普通列車

Img57758

2017.8.18 奥羽線 鯉川駅 1638D Canon EOS5D MarkⅢ EE24-105mm IS

こちらはお立ち台ではなく駅撮りにて、この日は五能線色で統一されていて、わたし的には安定感があって好印象でした。

P81810542

2017.8.18 五能線 あきた白神〜岩館 8522D OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

小入川鉄橋のお立ち台より、あまり天気が良いわけではありませんでしたが、男鹿半島が見えたので、まずまずでしょうか。

P81810762

2017.8.18 田沢湖線 羽後長野〜鑓見内 3017M OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO

営業運転でのE6系走行写真は初めてだったかも?というくらいちゃんとE6系を撮っていませんでした。

東北新幹線を300Km/h超で走る姿の方が格好いいと思いますが、地べたをゆ〜っくり走る新幹線車両もまぁ〜いいかなと。。。

天候がイマイチでしたが、上りも下りも編成がキレイに入りそうな、よいお立ち台でした。

P81810622

2017.8.18 田沢湖線 鑓見内羽後長野 3022M OM-D E-M1 Mark2 ED12-40mm PRO

P8181137

2017.8.18 奥羽線 羽後境大張野 3019M OM-D E-M1 Mark2 ED40-150mm PRO

E6系をもう1カ所、大張野のお立ち台にて、前回撮ったのはいつだったか?E3系をネガフィルムで撮っていたような気がします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水曜日)

KATO東急7000系

発売日から遅れること約半月、我が家にも遠路はるばる山口から東急7000系
がやって来ました。

Img_4543

レジェンドコレクションと銘を打たれていますが、実車も模型も確かに伝説級です。
シリーズ9作目にして、私鉄電車としては3作目、通勤電車としては2作目にあたるようです。
実車は日本初のオールステンレス車輌として有名なだけでなく、製造から50年経た現在でも地方私鉄において現役で走っている強者です。
模型の方は、といいますとメジャーなメーカーでこの型式を手がけるのは3社目となりますが、私鉄通勤車で3社競作となるのは結構希なのではないでしょうか。(思い当たるところでは、東急5000系(新)、京急1000形(旧)、営団6000系あたりか・・・)

Img_4544

今回は、東横線、日比谷線直通での活躍をイメージした8両のフル編成をセットにしての登場でした。
これまで発売されたGMキット、鉄コレと比べると、やはり格段に出来が良いです。
話題になった、ブレーキディスクが回転する台車などは、ぱっと見、回転しているか分からないくらい精度が高く、よく出来ていました。鉄コレではいい加減だった屋根と妻面との継ぎ目や、GMではいい加減だった床下機器もきちんと起こされていました。
ベンチレータ側面の表現や台車のアンカーの表現は、GMキットもアリかな?といった印象。
パンタのホーンが1本なのは馴染みが薄いのですが、この頃はそうだったのかな?(目蒲線で実車によく乗った頃には、もうこのタイプのパンタは池上線の7200系でしかお目に掛かったことがありませんでした。)

Img_4541

Img_4542

東急の晩年の赤帯仕様が出たらまた買っちゃいそうです。
7700系も造って欲しいところですが、屋根と床下以外にも妻面の樋が違ったりするのでまず無理でしょうね。(鉄コレはやったけど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木曜日)

茂内通過

ハードディスクを整理していたところ、過去にスキャンしたデータが何枚か出てきました。

今日はその中から、小坂鉄道のDD132の写真を・・・

Photo

茂内駅通過のタブレット授受シーンより。

Photo_2

こちらは平成7年頃の撮影か、全塗直後のキレイな姿ですが、当時は他の機関車と3重連を組んだときのバランスが取れなかったので微妙な存在でしたが、次第に汚れていくとすっかりなじんでしまいました。よく見るとメーカーズプレートやホイッスルカバーも赤く塗られていたようです。

P6101845

こちらは2017.6.11小坂レールパークにて、あの頃の真っ赤なボディーではないけれど、塗装の剥げも目立ちますが、20年経っても現役さながらの走りを保っています。

がんばれDD132。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土曜日)

いつもの

いつもの場所で、いつもの列車を、いつもとは、ちょっと違うカメラとレンズで撮影。
平たく言えば試写ってことですか・・・

 

P5271207

OLYMPUS E-M1MarkII + LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 羽越線 道川〜岩城みなと 2008M
今までずっとPanasonic GX-1 の望遠レンズとして使っていたモノで、イマイチ写りに満足できていなかったレンズですが軽量、コンパクトなことと、パワーズームがなんとなく使いやすそうだったので、E-M1MarkIIとの相性と手ぶれ補正の効きを確かめるべく、近場で撮影してみました。
天気が良ければ順光で撮影できる場所なのですが今日は曇天、ISOを高めの800まで上げて1/1000sec f7.1で撮影しました。
撮影した画像を見てみると、これまでのイメージを覆してなかなか良い写りの印象でした。色味もピントの切れも満足できるレベルに思えます。要はカメラ本体側の問題だったのでしょうか、それとも撮影者が使いこなせていなかったのか・・・ 機材をコンパクトにしたい場面ではこの組み合わせはアリだな、と嬉しい発見でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日曜日)

EV-E801系を撮影【2016.12.11】

今日は583系わくわくドリーム号の運転最終日らしいのですが、朝から雪も降っていたしイイ画で締めくくることも難しそうだったのでそちらはパスして、お昼近くにやって来た男鹿線の蓄電池電車の甲種回送を撮影に行ってきました。

Img57589

羽越線 羽後亀田駅 8561レ 2016.12.11
前も後追いも撮れそうな羽後亀田駅へ、上り貨物が少し遅れていたようですが、ほぼ定刻で通過して行きました。

Img57591JR九州の架線式蓄電池電車「DENCHA」をベースとしているそうですが、カラーリングや寒地向けの装備の違いがはっきりしていて、少しオリジナリティーを主張している印象でした。フロントマスクは少しだけキハE120系に似ているような・・・

最近の車輌で気になる箇所が車体の断面と前面の接合部。この車輌も昔のプラキットのみたいに顔だけ貼り付けたように段差がついているみたいでなんだか安っぽく感じるのは自分だけでしょうか。

さっそく今月中には試運転が開始されるようですが、営業運転は来春からとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月曜日)

わくわくドリーム号ほかを撮影【2016.11.6】

先週の日曜日に撮影したものを今さら掲出。

Img57462

2016.11.6 羽越線 道川駅 8813M

わくわくドリーム号としての運転も残り3回となったようで機会があれば撮影しておこうと思い近場での撮影でしたが出掛けてみました。あまり気持ちは乗っておらず惰性だったかも知れません。

Img57465

光線とか構図とかあまり拘らずの安楽な撮影でした。

その後、2093レにEF510-510が入っていたようなので場所を移して撮影してきました。

仮屋沢踏切がダメでしたので折渡駅上りホームへ行ってみました。

Img57478

2016.11.6 羽越線 折渡駅 2093レ

元々光線状態の良くないポイントでしたが、曇ってくれたおかげで側面が酷く潰れずに済みました。初めて捕らえた銀色のEF510でした、春以降に何度か貨物列車を撮影していますが、遭遇確率は低いようで、多少情報を仕入れないと難しいようです。

今回は側面の汚れが一時期よりキレイになっていたようです。この日は海上コンテナが多めながら短めの編成でした。

Img57474

折渡駅のホームの改修工事が終わり1年ほど経過しましたが、しっかり見たのは今回が初めてだった気がします。信号所時代のホームはまだ少し残っていますが、ホームはほとんど改修されました。有効長は3両分しかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧