2017年5月13日 (土)

iPod復活

何年も前にバッテリーが死んでしまって使いようが無くなってしまっていたiPod。

電源につないでいる間は動きますが、Macに接続してもバスパワーだけでは駆動できない状態。更にクリックホイールが全然反応しないといった案配で、コレは捨てるしか無いな〜と思いながら、iPhoneもバッテリー交換できるみたいだし・・・中身を見てみるかと、これまた何年か振りに蓋をこじ開けてみました。

Img_0008Img_0007

東芝製のマイクロドライブらしきものが入っているあたりが、もはや時代を感じてしまいました。問題のバッテリーはクリックホイールの裏側に張り付くような形で配置されており、取り出してみると、破裂しそうな位に膨れあがっていました。

この膨張によってクリックホイールが効かなくなっていたようで、外してみたところ、センターのボタンも復活しそうな感触でした。

早速、このバッテリーの代替え品が無いか探してみたところ、意外にあっさり、それらしきものをAmazonで発見しました。 しかし、このiPodのバッテリーが怪しくなってきた頃にネットで探したときには、Macの専門店で米国製のバッテリーが生産終了で、もはや入手は不可能と思っていたので驚きでした。

そして、爆発しそうなバッテリーと、注文してやって来たのがコレ。

Img_0006

親切に代替えのための型番まで書いてありました。そしてお決まりのメイドインチャイナ。

コネクターの形状まで一緒だったので、コレは大丈夫そうということで、組み直し無事に復活しました。 ロワジャパンという会社、デジカメのバッテリーなど様々な種類を扱っているようで、中には、安価なだけで性能を疑問視する声もあるようですが、このipodのように製造元でも扱っていない規格のバッテリーを供給してくれることは、とても誠にありがたいと思います。

携帯やカメラなどバッテリーが死んでしまうと本体も使えなくなってしまう機器がホント多くなってしまいましたね。今回は運が良かったのかも知れませんが、使い続けたくてもバッテリー問題のおかげで廃棄を余儀なくされる機材が出ないことを祈るばかりです。

Img_0013

復活しましたが、所詮、音楽を聴くことと、わざわざ取り込んだ写真を、iPhoneの1/3くらいの画面で見ることくらいしか出来ません。(古いMacならHDD代わりにもなりますが・・・)

Img_0012

擦り傷だらけですがこの質感がなんとなく好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

参ったな・・・iMovie 

先日からiMovieの調子がよくない。否、きっとしばらく前からだろうけど、用事が無かったから気づかなかっただけか?
使い物にならないくらいコケまくってくれて手の打ちようがない。先週の山ろく線のムービーで3分程度の代物なのに、繋げない、書き出せないでは・・・と諦めた。
きっとOSのアップデートの絡みでプラグインがどうたら〜と、レポートが出ているようだ。
そんなレポートされても直しようがないんだから、余計腹が立つ、結局、iMovieもアップデートしろと言うことらしいが、最新版のレビューの評判も散々なので躊躇しているところ。「こんなんで1,500円も!?」って更に泥沼に嵌まってる画が思い浮かぶ。
でもきっとそのうちやるんだろうな。。。
現状次の手段は、復活させた白iMacでやってみることかな?
発熱でせっかく直したのがまた崩壊したらイヤなので、涼しい環境になるまで待ちだな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

Macと戯れる

朝から天気が良かったのですが、家の中でMacと約半日戯れてました。
以前から気になっていたiPhotoを更新して(その前のOSの入換え作業でも悶絶していましたが)
画像を整理してみようと言う構想です。
動作が遅くあまり気に入らないソフトでしたが、実用に堪えうるとの口コミと、iphoneとの連携機能が良さそうだったのでやってみる事に。

20131104_171026

前バージョンからのデータの引き継ぎなどに軽く1時間ほど費やして・・・
それからようやく起動〜。
メリットとしてはiCloudと連携出来た事ぐらいで、あとは大して変わらないかなという印象でした。
結局、携帯やらコンデジはこっちで管理、EOSは今まで通りImageBrowserでと言った感じで二重管理は解消されず。無念  il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

年度早々余計な手間が

年度が替わり〜またまた職場も変わり、忙しい日々を送っておりましたが、そんな最中、MacのHDDを交換するミッションを先週実施しました。(10日にピックアップして14日に到着)

Img_0688

こんな感じでクロネコさんが投下して行きましたが、輸送途中はちゃんとケースに収納されていたそうです(目撃談)エコclubの視点からすればコレくらい簡素な方が好感が持てそうな気がします。
HDDが新しくなったということはデータを復元する作業がある訳で、ここからが苦行の始まりでありました。予見していた事なので、そこは抜かりなくタイムマシーンバックアップを取ってありました。
出来ることならコレは誰もがしたくないことな筈ですが、この機能は活用できる体制を取っておいた方が良いなと実感。実際、復元してみるとフルリカバリーにはかなり時間(およそ1日放置したら終わってたtyphoon)を要しましたが、ほぼ完全な復元がなされました。
と、ここまでは順調だったのですが、仕事柄どうしてもWindowsの出番がある訳でBootCampを使おうとしたら・・・起動ディスクに選択肢が無くなっており、こっちの環境は始めからやり直しに・・・OSが旧いおかげでドライバーのインストールに手間取るわ、起動OSの切り替えが上手くいかなくなるわで、かなり嫌気がさしました。
よくよく考えたら、Windows環境は別のパーティションに入っていたので、こちらもタイムマシーンの対象に含めておけばこんな事にはならなかったのかな?と反省している此の頃デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)